チラシデザインがもたらす集客率

チラシは、現在でも高い集客率を誇る宣伝ツールです。

チラシは、その店舗や会社、商品やサービスなどを宣伝することができますが、客となる人々の興味をそそるようなものでなければ意味がありません。集客率を高めるチラシデザインとは、情報のバランスが良く、来店してほしいターゲットが絞られており、ターゲットの興味を引くようなお得感があるものが望ましいと言われています。

情報は、簡潔で見やすいことがまず重要です。伝えたい情報があるからといって、少しのスペースに文字を詰め込み過ぎると、逆に読みにくくなってしまい、読む気力を失わせてしまうことになります。簡潔なフレーズを選ぶことで、スマートなデザインでありながら、伝えたい事を簡潔な文字での表現することで読みやすくなり、よりチラシデザインが洗練されます。

ターゲットを絞ることも大切です。ターゲットを絞らないチラシは、集客率が中途半端になってしまう可能性があるため、文字の大きさや言葉遣い、デザインなどを決めてターゲットを絞ります。

興味を引くようなお得感を出すことも大切な要素です。チラシデザインが良くても、客の興味を引くことができなければ客を集めることはできません。チラシを持ってきた客にプレゼントをする、割引をするなどの興味づけをすることで、ターゲット以外の年齢層を取り込むことも期待できます。

チラシデザインは少し工夫することで、ターゲットとなる客の来店率を高めることができます。

チラシ制作を自分で行うときのコツ

チラシ制作を自分で行うには、デザイン、紙選び、出稿に関する知識等が必要になってきます。
まず、デザインソフトについて検討します。
デザインを作るにあたっては、WordなどのOfficeソフトで作っても良いですが、Adobeのイラストレーターが使えるほうが望ましいでしょう。イラストレーターが使えるか否かによって、見栄えに大きく影響が出てきます。たとえば、イラスト等を使ってわかりやすい広告を作ることができることはもちろんですが、このイラストレーターは洗練された文字やマークなども作ることができます。市場に出回る広告の多くは、このイラストレーターで作っているといえるでしょう。
次に、広告に載せる写真について検討します。
広告に写真を載せる場合、その写真は、携帯カメラ等で撮った写真を使うことは望ましくはありません。その理由は、解像度やピント等から、その写真によって、素人が作ったチラシっぽく仕上がってしまうことです。
では、仕上がりについて検討します。
チラシの品質は、デザインやキャッチコピー等の中身にも依存しますが、紙自体の品質にも左右されるところが大きいです。印刷がキレイに出るか否かが紙の質によって違ってきます。よって、自分でチラシ制作をする場合には、紙選びを慎重にするべきです。できれば、印刷会社で見本をみせてもらうか、見本を送ってもらうほうが良いでしょう。
最後に出稿に関する知識について検討します。
出稿するにあたっては、印刷業者は業者ごとに細かく決まりを設けています。たとえば、イラストレーターで出稿する場合、文字はアウトライン化してほしい、画像は埋め込んでほしい、等といったことが決められています。加え、印刷できる領域等が細かく決められている場合もあります。このことから、印刷会社の規定する決まりをしっかり読んだ上で、出稿することがキレイなチラシ制作のコツとなります。

チラシデザインをする際に最低限知っておくべきこと

チラシデザインをする際に最も重要な事はデザイン力ですが、それ以前に知っておくべきことがいくつかあります。それはデザインソフトの使い方です。チラシデザインをする際に使用するソフトは会社によってさまざまですが、主にイラストレーター、インデザイン、クオークなどを使いかます。画像編集にはフォトショップを使用しますが、画像編集は画像担当者が編集してくれる事がほとんどです。これらのソフトを使用する際に知っておくと便利なものはショートカットキーです。デザイン力はもちろん重要ですが、仕事となりますと納品期限というものもありますので、スピードも命となります。編集者はデザインを考えながら速いスピードで指を動かしデザインしていくので、ショートカットキーを知らないと一つのチラシを作る上でかなり時間がかかってしまいます。ショートカットキーはデザイン以前に最低限知っておくべきことのひとつです。
また、文字の比率もとても重要です。これは印刷業界では文字組といわれています。タイトルに対してのサブタイトルの文字の大きさ、見出しに対しての本文の文字の大きさなどしっかりと意識しながらデザインしていかなければなりません。文字組が美しくないと、いくらデザインの凝ったものを作ったとしても、まとまりのない見づらい紙面に出来上がってしまいます。またコンセプトに対して、年齢層を予想し文字の大きさを考える事も重要です。閲覧年齢層が高い場合、小さすぎる文字を使いすぎないなどの配慮がとても重要になってくるのです。
このように、チラシデザインをする際、デザイン以前に勉強しておくべきことはたくさんあるのです。