チラシデザインから印刷までの流れ


印刷会社でのチラシデザインから印刷までの流れはそれほど複雑なものではありません。
印刷会社には大きく分けて営業、デザイン、画像、文字打ち、社内校正、出力の6つの部署があります。簡単な流れを説明しますと、まず営業がクライアントから仕事をもらってきます。部数、用紙サイズ、紙の種類など基本的なことから、チラシのコンセプトや細かいデザインなどリクエストも含めてクライアントと話合い、その後それらをデザイナーに伝えるため、営業は原稿を作成します。デザイナーは営業から説明を受けた後、早速作業にとりかかります。営業は必要な写真、ロゴなどを集め、編集が必要なものは画像係りに依頼します。画像係は画像編集完了後、デザイナーに加工済みの画像を送ります。画像無しではレイアウトデザインが難しい場合もあるので画像編集はスピードと正確さが求められます。また文字量が多いチラシの場合、デザイナーではなく文字打ち係がすべて正確に文字を打ち、終わり次第データをデザイナーに渡します。そうすることでデザイナーはわざわざ文字を打つ必要がなく、文字打係りから送られてきたデータをコピーアンドペーストするだけなので作業時間を大幅に短縮することができます。レイアウトが完成したら、原稿と矛盾が無いか、文字やプライスなどの間違いはないかなどを社内校正に確認してもらいます。そして間違いのない原稿どおりのものを初校としてクライアントに持っていき、チラシデザインの確認をしてもらいます。そしてまたクライアントから要求がある場合2校、3校と校正を繰り返します。そして最終的にクライアントからOKが出た場合そのまま出力となります。
チラシデザインはクライアントの要望にどれだけ答える事ができるかがとても重要となるのです。

印刷がきれいな古銭を買い取ってもらう際はこちらまで